もりわきゆみ

 

舞台の宣伝美術を担当したことがきっかけで絵を描くようになりました。

芝居のように光や音やストーリーのある作品作りをいつも心がけています。